宮城の外壁塗装・屋根塗装業者をランキングで厳選紹介!アフターフォローもばっちりの優良専門業者をまとめました

コーキングの役割とは?割れた場合の補修方法なども解説

公開日:2023/09/15

 

?

外壁において、コーキングは欠かせない要素です。コーキングは外壁材の目地に充填される素材であり、重要な役割を担っています。しかし、もしコーキングがひび割れた場合、どのように補修すればよいのでしょうか。本記事では、コーキングの役割や割れた場合の補修方法などについて詳しく解説します。

コーキングとは?役割を解説

コーキングとは、外壁と外壁の継ぎ目などの目地を樹脂系の充填剤で埋めることです。目地を埋める樹脂系の充填剤のことをコーキング材と呼びます。コーキングの役割は、外壁材の膨張を吸収して外壁材の破損を防ぐ緩衝材となることです。

外壁材であるサイディングボードやALCパネルは非常に硬いため、すき間を設けずに躯体壁面に張り付けていくと、気温変化などで膨張して外壁材同士が強い力で押し合い破損します。

そこで、外壁と外壁の間に目地と呼ばれるレールのようなすき間を設けて、その目地にコーキングすることで、防水性と耐候性の高い外壁が実現しているのです。

「シーリング」とはどう違うの?

コーキングは、チューブ状の容器に入っている樹脂系の充填剤を、コーキングガンと呼ばれる専用の押し出し機で施工することです。同じようにシーリングは、防水性や気密性を保持するために充填されるペースト状の材料で施工すること。

どちらも目地に充填剤を充填して埋める作業であるため、建築現場では同じ意味で使われています。施工会社や職人の年代によって言葉の使い方が違うようです。

外壁のコーキングが割れるとどうなるの?

外壁のコーキングが割れてしまうと、さまざまな問題が生じます。割れたコーキングは悪化の一途を辿り、放置すれば放置するほど問題が深刻化するのです。まず、割れた箇所から雨水が侵入し、外壁材に浸み込んでしまう可能性があります。この状況が続くと、外壁材の腐食や剥がれ落ちが進むでしょう。

さらに、雨水が内部に浸入すると、雨漏りやカビの発生、白アリの被害などの問題が生じる可能性もあります。これらの影響によって、建物の耐久性が低下し、深刻な損傷が生じることもあるのです。したがって、コーキングの割れは早めに対策をする必要があります。

定期的な点検やメンテナンスを行い、割れたコーキングを補修することが重要です。適切な補修材や方法を使用して、コーキングの再施工を行うことで、外壁の保護と耐久性の維持を図ることができます。早期の対応によって、建物へのダメージを最小限に抑え、安全かつ快適な住環境を維持することができるでしょう。

コーキングが割れる原因

コーキングが割れる原因は、コーキングの経年劣化と施工不良が考えられます。コーキングは、紫外線などにより時間の経過とともに劣化していくものです。劣化が進行するとコーキング材の柔軟性がなくなり、やがてひび割れが発生します。コーキングのひび割れの原因は、ほとんどが経年劣化によるものです。

しかし、コーキングの施工不良が原因のひび割れもあり、コーキングの施工後、数か月~1年以内にひび割れが発生した場合は、施工不良が原因の可能性が高いでしょう。

外壁のコーキングの補修方法と費用相場

コーキングが割れている場合はどうやって補修すればよいのでしょうか。ここでは、コーキングの補修方法と費用相場を解説します。コーキングの補修方法は以下のとおりです。

1.割れたコーキングをはがす

まず割れたコーキングにカッターで切れ目を入れ、ペンチで目地から引きはがします。はがし残ったコーキングもカッターで完全にそぎ落としましょう。

2.マスキングテープを貼る

コーキング注入前に目地の両端にマスキングテープを貼り、目地からあふれ出たコーキングが外壁材に付着しないように養生します。

3.接着剤を塗る

コーキングがはがれないように、外壁塗装の下塗り塗料を塗布します。

4.コーキングの注入

目地にコーキングを注入し、バッカ―と呼ばれるヘラでコーキングを押し込みます。

5.マスキングテープをはがして補修完了

コーキングの乾燥状況を見極めてマスキングテープをはがします。はがす際に、タイミングが遅れるとテープはがしに時間がかかるので注意が必要です。

コーキング割れの補修費用相場

コーキング割れの補修を業者に依頼すると、打ち替えまたは増し打ちといういずれかの方法で補修を行います。打ち替えとは、上記の方法のことで、割れたコーキングを完全にはがして新しくコーキングすることです。費用相場は1mあたり700~1,200円で、30坪の家に換算すると14~24万円が目安になります。

増し打ちとは、ひび割れたコーキングの上から新しくコーキングすることです。費用相場は1mあたり500円~1,000円で、30坪の家に換算すると10~20万円が目安になります。

まとめ

コーキングとは、外壁と外壁の継ぎ目などの目地を樹脂系の充填剤で埋めることです。コーキングの役割は、外壁材の膨張を吸収して外壁材の破損を防ぐ緩衝材となること。シーリングという言葉もありますが、建築現場では同じ意味で使われています。コーキングが経年劣化してひび割れすると、ひび割れから雨水が侵入して外壁材を腐食させ、外壁材がはがれ落ちる可能性があるのです。コーキングの補修方法には、打ち替えと増し打ちがあり、打ち替えの費用相場は30坪の家の場合14~24万円で、増し打ちの費用相場は30坪の家で10~20万円になります。

 

【宮城】おすすめの外壁塗装・屋根塗装業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名多賀城塗装工業株式会社鬼澤塗装店ペイントスタッフ宍戸ペイントサービスマイペイント
特徴①失敗しない色選びで満足の完成度! お得なキャンペーンも創業70年以上の老舗! 地域密着型でスピーディーに対応満足度97.2%! 代表者は職人歴25年以上のベテランリフォーム瑕疵保険に加入する確かな技術力の塗装業者!塗料メーカーが認める東北エリアNo.1の信頼度
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
外壁塗装・屋根塗装コラム
エリア別!外壁塗装・屋根塗装おすすめ紹介