宮城の外壁塗装・屋根塗装業者をランキングで厳選紹介!アフターフォローもばっちりの優良専門業者をまとめました

光触媒塗料とは?外壁塗装で用いるメリットとデメリットを解説

公開日:2023/10/15

メリットデメリット

自宅を新築する際には、外壁の汚れが少なく、メンテナンスの手間を軽減できる塗料を使用したいと思うでしょう。それを実現するのが、光触媒塗料です。外壁に光触媒塗料を施すことで、汚れがつきにくくなるなどのメリットがあります。しかしながら、デメリットも存在するため、注意が必要です。ここでは、光触媒塗料について解説します。

光触媒塗料とは?

そもそも触媒とは、特定の化学物質の反応速度を変化させる物質のことです。簡単にいうと、光触媒とは光を利用して化学物質の反応速度を変化させる触媒のことを指します。たとえば、植物は葉緑素に光を当てることにより、二酸化炭素と水を酸素と炭水化物へと変化させることが光を触媒として変化させているということです。

この化学変化と同様の変化を、酸化チタンという物質に光を当てて酸素や水分と反応させると、有害物質を二酸化炭素と水に変化させて無害化することを光触媒といいます。この光触媒を塗料にしたのが光触媒塗料で、太陽光に当たることで、外壁に付着した大気中のチリや排気ガスなどの汚れを分解する機能があるのです。

これは酸化チタンが紫外線に反応すると活性酸素を発生させ、その活性酸素が大気汚染物質を分解する働きがあるため、外壁に汚れが蓄積しにくくなります。

光触媒塗料を外壁塗装に用いるメリット

最近話題の塗料である光触媒塗料にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、光触媒塗料を外壁塗装に用いるメリットを解説します。

セルフクリーニング機能により汚れにくい

先述したように酸化チタンが紫外線に当たり反応することで、汚れを分解して雨によって汚れが洗い流される機能のことをセルフクリーニング効果といいます。一般的な外壁は、月日を重ねるごとにさまざまな汚れが付着し、新築時の外壁と比べると外観が損なわれているものです。

しかし、光触媒塗料で塗装した外壁は、セルフクリーニング機能により汚れにくいため、メンテナンスの手間が省けるというメリットがあります。

耐久性が高い

一般的な塗料で塗装した外壁は紫外線により塗膜が劣化しますが、光触媒塗料は劣化の原因となる紫外線を利用して化学反応するため、紫外線による劣化の影響が少なく耐久性が高いです。

一般的なシリコン塗料の耐久年数は約10年といわれていますが、光触媒塗料は15~20年となっているので、一般的なシリコン塗料の1.5~2倍の耐久性があります。

空気清浄効果がある

光触媒塗料には、塗装した外壁に太陽光が当たることによって発生する活性酸素により、大気中に含まれる窒素酸化物を酸化させ、大気中から汚れを除去できる空気清浄効果もあります。

窒素酸化物といわれるものは、車の排気ガスや工場からの排煙に含まれるものです。光触媒塗料を一戸建てに塗装すると、テニスコート4面分の緑地に匹敵するだけの空気清浄能力を発揮します。

光触媒塗料を外壁塗装に用いるデメリットや注意点はある?

光触媒塗料には多くのメリットがある一方でデメリットもあります。ここでは、光触媒塗料を外壁塗装に用いるデメリットと注意点を解説しましょう。

費用が高い

光触媒塗料は、メーカーや製品によって違いがありますが、一般的なシリコン塗料の約1.5倍の価格になっているため、費用が高いという点がデメリットです。耐久性が高い分、費用が高くても問題ないという考えもできます。

しかし、メーカーが公表している耐用年数の前にひび割れが発生した事例があるので、よく考えて施工しましょう。

立地によっては効果が発揮しにくい

光触媒塗料のセルフクリーニング機能は、紫外線に反応することで汚れを分解し雨水で流し落とす機能です。そのため、隣家との距離が近く太陽光が当たらない立地では、光触媒塗料の効果が発揮しにくいというデメリットもあります。

色のバリエーションが少ない

光触媒塗料の原料である酸化チタンは白色顔料であるため、濃色や鮮やかな色を出すことが難しく、色のバリエーションが少ない点もデメリットといえるでしょう。そのため、希望の色で施工できないことを想定しておく必要があります。

光触媒塗料の注意点

光触媒塗料は、セルフクリーニング機能により汚れにくいですが、すべての汚れを防ぐわけではありません。土汚れや火山灰などの無機質の汚れには対応していないので注意が必要です。

また、光触媒塗料は粘度が低く非常にサラサラしているため、塗装するとムラが出やすくなります。そのため、施工が難しく専門性が高いので、施工業者によって仕上がりに差があるのです。施工を依頼する際は、業者の実績を確認して依頼するようにしましょう。

まとめ

光触媒塗料とは、酸化チタンを紫外線に反応させて汚れを分解し、雨水で洗い流すことができる塗料です。光触媒塗料を外壁に用いるメリットは、セルフクリーニング機能により外壁が汚れにくいこと、一般的なシリコン塗料よりも耐久性が高いこと、大気中の汚れを除去できる空気清浄機能があることが挙げられます。デメリットは、施工する費用が高いこと、立地によっては効果が発揮しにくいこと、色のバリエーションが少ないことなどです。また、施工が難しく専門性が高いため、施工業者によって仕上がりに差があるので、業者の実績を確認して依頼するようにしましょう。

 

【宮城】おすすめの外壁塗装・屋根塗装業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名多賀城塗装工業株式会社鬼澤塗装店ペイントスタッフ宍戸ペイントサービスマイペイント
特徴①失敗しない色選びで満足の完成度! お得なキャンペーンも創業70年以上の老舗! 地域密着型でスピーディーに対応満足度97.2%! 代表者は職人歴25年以上のベテランリフォーム瑕疵保険に加入する確かな技術力の塗装業者!塗料メーカーが認める東北エリアNo.1の信頼度
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
外壁塗装・屋根塗装コラム
エリア別!外壁塗装・屋根塗装おすすめ紹介