宮城の外壁塗装・屋根塗装業者をランキングで厳選紹介!アフターフォローもばっちりの優良専門業者をまとめました

宮城の外壁塗装工事ではどのようなトラブルがある?

公開日:2021/05/15


外壁塗装工事が必要になり、いざ業者に依頼して施工が始まっても、実は気づかない内にトラブルを抱えてしまっているなんてこともあります。そこで、外壁塗装工事ではどのようなトラブルがあるのか、そして対策方法についても紹介していきます。これから外壁塗装工事を依頼する方は、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装工事のトラブル例と対策

外壁塗装工事のトラブル例と対策についてみていきましょう。

コーキング剤がすぐに劣化してしまう

コーキング剤とは別名シーリング剤とも言います。コーキング剤は外壁において非常に重要な役割を担っています。壁と壁の繋ぎ目やサイディングの場合はサイディングボード同士の繋ぎ目にコーキング剤を使用しています。しかし、コーキング剤が劣化することによって、そこから外壁に雨水が侵入し、外壁が傷んでしまうのです。

特にブリード系のコーキング剤は可塑剤が含まれているため、接着面に色が移ってしまったり、ベタつきを引き起こしてしまったりすることがあります。そのため、業者に依頼する際にはコーキング剤に可塑剤を含まないノンブリードタイプを使用するように依頼することをおすすめします。

塗装がつきにくい面に塗装をしてしまう

サイディングには汚れの付着を防ぐため、表面にフッ素加工が施されていたり、光触媒効果を持ったサイディングがあったりします。しかし、それらのサイディングは塗料も弾いてしまうため、塗料が密着せずに剥がれてしまう可能性が高いです。光触媒のサイディングやフッ素加工が施されているサイディングに塗装する場合はしっかりと表面処理を行わなければなりません。また、塗装業者の中でも材質の区別がついていない場合もあります。そのため、トラブル防止のため、自ら施工業者にサイディングの種類を伝えるようにしておきましょう。

見積もりや費用に関するトラブル例と対策

次に見積もりや費用に関するトラブル例と対策について紹介していきます。

費用が異様に安すぎる

見積金額が異様に安すぎる場合には注意が必要です。実際、見積金額が安くて契約したものの、後から追加工事が必要ということで追加工事費用が請求されて結局、トータルの金額が高くなってしまったというトラブルもあります。そのため、見積もり段階でどのような工事が含まれており、どのような塗料を使用しているのかをしっかりと確認しておく必要があります。

また、極端に値引きをしてくる業者にも注意が必要です。悪徳業者の典型例として10万円以上の値引きをすることがあります。しかし、いざ施工してもらうと手抜き工事されてしまい、しっかりと補修されていなかったというトラブルもあります。そのため、見積もり費用が安すぎるのにも注意が必要です。

見積もりが不明慮

また、見積もり自体が不明慮な場合もトラブルの原因となってしまいます。たとえば、見積もりには塗料の金額が3,000円と記載されていたにも拘わらず、実際は廉価版の1,000円の塗料が使用されていたということもあります。また、見積もりには含まれていなかった工事に必要な設備や足場について後から請求されてしまうことがあります。そのため、見積もりが不明慮な場合には注意が必要です。さらに、自分自身もしっかりと知識をつけて見積書の精査ができるようになっておくのも大切です。

業者に関するトラブル例と対策

業者に関するトラブルも起こります。たとえば、契約時に前金として工事費用の一部を支払ったにも拘わらず、逃げられてしまったり、倒産してしまったりということがあります。そのため、施工前に支払いを求められる場合は必ず断りましょう。しかし、支払い倒れを懸念する業者もあります。

そのため、工事が20%進んだら、工事代金の20%を支払うというような方法もあります。したがって、施工前に支払うことはせずに工事の進み具合によって費用を支払うようにしましょう。さらに、業者によっては工事が完了してから全額請求するという場合もあるため、心配であればそのような業者に依頼するのも一つの方法です。

また、施工後に欠陥工事が発覚してトラブルになることもあります。しかし、通常、施工直後は問題ないことが多いです。そのため、施工から1~2年経過したぐらいで不具合が出てきます。その場合、業者によるアフターフォローがあるのかどうか、保証があるのかどうかを契約前に確認しておくことが大切です。たとえば、もし1年でコーキングが劣化した場合、保証は適用されるのかどうかなどを聞いてみるのが良いかもしれません。

近隣住民とのトラブル例と対策

最後に近隣住民とのトラブルも起きてしまいます。特に足場を組む際には金属製のパイプを組み立てる必要があるため、高くて大きな音が近隣に響き渡ります。そのため、近隣から苦情がきたり、後からトラブルになってしまったりすることがあります。もちろん、業者に対しては騒音をできるだけ立てないようにとお願いすることもできますが、足場を組み立てる際にはどうしても音が出てしまいます。

そのため、施工日前に近隣住民に対して、「外壁工事をするのに足場を組みため、音がうるさくなってしまいます。ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。」という挨拶を事前に行っておくことでトラブルを防ぐことができます。

 

外壁工事には様々なトラブルが発生します。工事そのものの欠陥によるトラブルや工事費用に関するトラブル、さらに工事中の騒音による近隣住民とのトラブルなどがあります。しかし、どれも事前に対策しておくことで未然に防ぐことができるのです。そのため、業者に依頼する前から自分自身で外壁工事の知識を身につけ、対策するようにしておきましょう。

●でおすすめの●5選・ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名多賀城塗装工業株式会社鬼澤塗装店ペイントスタッフ宍戸ペイントサービスマイペイント
特徴①失敗しない色選びで満足の完成度! お得なキャンペーンも創業70年以上の老舗! 地域密着型でスピーディーに対応満足度97.2%! 代表者は職人歴25年以上のベテランリフォーム瑕疵保険に加入する確かな技術力の塗装業者!塗料メーカーが認める東北エリアNo.1の信頼度
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
エリア別!外壁塗装・屋根塗装おすすめ紹介